会社では労働組合の執行部として株主と対立、私生活では株主として会社の業績をチェックなんか矛盾してす。 たまに趣味のゲーム・映画の事書いていきます。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は慈戎について考えて見ます。

Ⅰ慈戎権の根拠
使用者は、いかなる法的根拠に基づいて懲戒処分をできるか。
契約当事者間は独立対等な関係であるにも関わらず、支配服従関係を想起せしめるような懲戒処分が行われる根拠は何か。
・懲戒権をめぐる2つの考え方
①使用者は規律と秩序を必要とする企業の運営者として当然に固有の懲戒権を有するとの考え方=固有権説
これはさらに、懲戒権を経営権の一部に属すると捉える見解=経営権説
②使用者の懲戒処分は、使用者は、就業規則において懲戒の事由と手段とを明らかにし、労働者が労働契約
において明示・黙示の同意を与えている限度でのみ可能であるとする考え方=契約説

就業規則等の根拠規定が存しない場合にも、使用者は懲戒処分できるのか。①だとOK②NO?
また就業規則等において、懲戒の事由や手段を列挙している場合は。     ①だとNO②OK?
どちらとも取れるけれど、裁判所の判断次第?
どちらかに統一して欲しいが、労働者としては②のほうが納得できる。


Ⅱ懲戎事由
(1)職務専念義務違反
労働者が労働契約にもとづきその職務を誠実に履行しなければならない義務に違反した時。
(2)施設管理権との抵触
使用者の施設(事務所、掲示板の貸与、集会所使用)を無許可利用で使用した場合
(3)企業秩序違反
就業時間外に企業外で行う労働者の行為は、私的事項であり、原則として、懲戒処分の対象とはな
らない。しかし、業務運営に支障を及ぼしたり会社の評判を著しく傷つけるなど、企業秩序を乱
す場合には懲戒事由となりうる。

労働者が企業外で会社の経営政策や労務政策を批判する内容のビラを配布した場合に、その内容が事実に反し、
会社を誹語中傷するものであれば、「会社に不利益を及ぼした行為」という懲戒事由にあたる。

(4)その他事由
・就業、業務遂行欠勤、遅刻、早退等は、労務の不提供としてそもそも賃金カットの対象となる。
無断欠勤や遅刻常習のように、服務規律違反となる場合には、懲戒事由となりうる。
タイムカードで出退勤管理をしている場合のタイムレコーダーの不正打刻も懲戒事由となりうる。
労働者が職務に関連して行った横領・贈賄等の犯罪行為も懲戒事由にあたる。
勤務中の飲酒、競業行為への従事、セクシヤル・ハラスメント等も、懲戒事由にあたる。
・業務命令違反業務命令には、時間外労働命令、配転等の人事異動関係の命令等がある。この業務命令拒否が、懲戒処分の対象となる。
これらが懲戒事由にあたるかは、業務命令が正当であるか否かによる。
・経歴詐称
採用時に学歴、職歴や犯罪歴などを秘匿したり、または虚偽の申告をしたこと。

かなりの懲戒の理由が有りますが、ほとんどが、就業規則に明記されている筈なので、よく眼を通しておきましょう。
え!!就業規則見たこと無いまえに就業規則に付いては記事に書きましたので見てください。


Ⅲ懲戒処分の種類
・謹責、戒告処分
・始末書提出処分
  始末書の提出が命じられても、これを拒否してもそれを理由にして  さらに懲戒処分を科す事は出来ない。
・減給処分
・出勤停止処分
  通常その期間中は賃金は支給されない。
・懲戒解雇

Ⅳ懲戒処分の有効性
・二重処分の禁止
  同一事件に対して2回処分を行う事は許されない。
・平等取り扱い
  懲戒処分は同様の事例について先例を踏まえてなされる。
・相当性
  使用者が当該行為の情状を適切に酌量しないで重すぎる量刑をした場合は、懲戒権を濫用したものと
  されることが多い。
・適正手続
  労働者に弁明の機会を与えなければならない。

以上が懲戒についてセミナーで受講したものをまとめてみました。
会社はリストラなどを行う時に強引に懲戒を行う事が多いと聞きます。
そんな時慌てないように知識を身に付けておきましょう







スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://etkar.blog25.fc2.com/tb.php/35-d852e5de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。