会社では労働組合の執行部として株主と対立、私生活では株主として会社の業績をチェックなんか矛盾してす。 たまに趣味のゲーム・映画の事書いていきます。

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人事権をめぐる法律を考えます

1配置転換
・配置転換とはぺ労働者の勘務場所や職務内容を。一時的とは言えない程
度の期間にわたり変更することを言う。

・多くの企業においては、「会杜は業務上の必要がある場合、社員に配置
転換を命じることがある。」といった規定がおかれており、目常的に見
られる人事措置である。

(1)就業規則や労働協約に規定がある場合
・当該規定は法的にも有効なものと考えられる。
・しかしながら、配転命令権の濫用は許されない。
・いかなる場合に権利の濫用となるか。
  ・配転にそもそも業務上の必要性がない場合
  ・配転に業務上の必要性は認められるが、他に不当な動機や目的がある場合
  ・労働者に通常甘受すべき程度を著しく超える不利益を与え
   る場合

(2)労働協約や就業規則に配転に関する規定がない場合
・労働契約に定めがあれぱそれに従う。
・労働契約にも定めがない場合には、どのように判断すべきか。契約解釈
 の問題であるが、勤務場所や職務が特定されていると考えられる特別な
 事情がない限り、使用者に配転命令権があると解釈されることになると
 予想される。

2出向(在籍出向)
 ・出向(在籍出向)とは、使用者(出向元)との労働契約関係を維持した
  まま(在籍)、他杜(出向先)との間で労働契約に基づきその指揮命令
  に従って就労することを言う。
(1)出向命令権の法的根拠
 ・出向を命じるには、労働者の同意が必要と考えられているが、その同意
  は、事前に包括的に与えられたものでもよいのか、さらに進んで、就業
  規則の規定によることで足りるのか、といった点について、なお争われ
 ・出向の実態は非常に多様である。出向元と出向先が、一体的な関係にあ
  る場合もあるし、まったく別の会杜であることもある。出向先での職務
  内容や労働条件がほとんど同じである場合もあるし、まったく異なる場
  含も・ある。多様な実態があるが故に、一連の判断基準を設定することが
  難しい。
 ・理論的には、命令権の存否の間題と、権利行使濫用になるか否かの間
  題を区別できるが、出向の場合には、配転とは異なり、命令権の存否の
  判断において、多くの事件が決着をみることになる。
(2).復帰命令
  ・使用者が復帰命令を出した場合、労働者は原則としてそれに従う義務を負う。
   (3)出向期間中の法律関係

  ・出向期聞中の法律関係は、出向元と出向先との出向契約による。
  ・使用者としての義務をどちらが負うべきかがはっきりしない場合には、
   出向元と出向先が連帯して債務を負うと解するべきであろう。
  ・出向期間中に出向元が消滅した塩合、出向先は雇用義務を負うか。学説
   上は、出向先との労働契約は、出向元との労働契約を基礎とするので、
   出向元との労働契約が消滅した場合には、出向先との労働契約も消滅す
   る、と解する見解がある一方、出向先との間で労働契約がある以上、出
   向先は雇用責任一を負うと解する見解もある。後者の場合でも、通常、出
   向契約は有期契約であるから、期間満了によ'り雇用は終了すると解される。

3転籍
  ・転籍とは、使用者(転籍元)との契約関係を終了させて、他社(転籍先)
   との間で労働契約関係に入ることを言う。契約関係を包括的に移転する
   場合と、契約関係の解消及び締結を条件付ける場合との」2つがあり得る。
  ・いずれの法形式をとる場合でも、労働者の同意が必要である。
  ・転籍と言っても、同一の;企業グループ間での転籍を頻繁に行うケースが
   あり、これについてその都度の同意を必要とするかについては見解が分
   かれる。
4降格
  ・降格には、職能資格樹度における職能資播を引老下げる降格と、役職上
   の地位を引き下げる降格の2つがある。
(1)役職上の降格
  ・役職上の降格ドついては、裁判所は、使用者の裁量を卒く認めぢ傾向が
   ある。
(2)職能資格上の降格
  ・職能資格の引き下げに関しては、裁判所は、一般的に厳しい制約を課す
   傾向にある。
(3)職務給制度における降格
  ・職務給の場合、降格は、職務の変化を意味すると同時に、給与の引き下
   げを意味することとなる。職能資格給における役職の引き下げも手当の
   減額を伴うが、資格等級は引き下げられないため、基本給に変化はない。
   他方、職務給の場合には、基本給にも影響が生じることとなる。

以上セミナーで受講したものをまとめてみました。
判例集です。
http://kobetsu.jil.go.jp/xmlhome.html
参考にして見て下さい。人事権に関しては会社側に有利な判決多いようです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントありごとう
沖縄のフグってどんな種類かな?
2005/10/31(月) 22:08 | URL | リタイヤしたい #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://etkar.blog25.fc2.com/tb.php/37-7da1dde5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。